任意売却のメリットの主なものをご紹介しましょう

任意売却のメリットの主なものをご紹介しましょう

任意売却のメリットの主なものをご紹介しましょう。 任意売却のメリットは、プライバシーが保護されることです。 競売などと異なって、近くの住人に知られないで、手続きを行うことができます。 どうしても競売の場合は、告知などをされるので情報がすぐに拡大してしまう恐れがあります。 任意売却の場合は普通の住宅の売却と同様になるので、プライバシーを保護することも可能で、メンタル的にメリットが大きくなるでしょう。 任意売却のメリットは、日程の融通がきくことです。 物件の引き渡しにおいても、日程の融通がきくのは大きなメリットです。 任意売却の場合には、交渉を日程調整も一緒に行うことができるため、段取りをつけるのもしやすいでしょう。 任意売却のメリットは、売却した後も住むことができることです。 売買を親子間で行うことによって、任意売却を行った後も同じ家にそのまま住むことができます。 任意売却には、このようなメリットがあるのでまず相談してみましょう。


任意売却に関する特徴


任意売却のメリットは市場価格に近い値段で、自宅を売却できる点にあります。 これだけを聞くと普通に自宅を売ることとどう違うのかという疑問がわきますが、任意売却はまだローンが残っている自宅のケースです。もちろんローンを完済しているのであれば、普通に自宅を売ることが可能ですが、ローンが残っている場合であれば自宅には銀行の抵当権がついています。 銀行の抵当権が付いている状態の家を売りに出しても、まず買い手がつくことはありません。なぜなら他人の抵当権付きの不動産を購入しても、抵当権者である銀行は相変わらず抵当権を実行できるので、買い手は買ったばかりの不動産を失うおそれがあるからです。 ですから自宅を売る際には抵当権を抹消なければならないのですが、借金を完済できない場合であれば、残るは任意売却の手続きを銀行に承諾してもらう他ありません。ですからこうした交渉をするためにも、任意売却の際には任意売却専門業者に依頼しましょう。