樹木葬の疑問点解消

樹木葬の疑問点解消

樹木葬のお話の続きになります。仏式のお墓のようにカロートに納骨するわけでもありませんし、そのままのお骨で埋葬、もしくは土に還る素材の骨壷に入れて埋葬してしまうと、永い年月が経過すればどこに埋葬したのかがわからなくなってしまうのではないかと思われる人も多いようです。しかも墓石に替わって植えられるのは生きている樹木です。時間が流れ、成長して大きくなるとさらに解らなくなりそうですよね。

たいていの場合は、お墓の場所の目印としてプレートや看板を立てて目印としますが、お骨が眠る場所までははっきりとは解らなくなるでしょうね。墓地によっては石材で作った平らな板に俗名を刻んでおくところもあるようですので、希望があるのであれば選ぶ基準にするといいかもしれません。それから、もしもお墓の場所を移したいということになった場合、遺骨を取り出して移動させることは可能かどうかなのですが、これは無理なようです。やはり時間の経過とともに、お骨は土に還ろうと変化していくものです。改葬することなども基本的にはしてはいけないようです。

では逆に、通常のお墓に納骨してあるお骨を樹木葬にしたいと考え、樹木葬墓地に埋葬することはできるのでしょうか。これにはまず改装許可の申請が必要になります。自治体の役場で貰う改葬許可申請書になぜ改葬を行うのかについてなど記入し、現在埋葬してあるお墓の管理者に印鑑を押してもらいます。その申請書を環境課へ提出した後、記入事項に不備がなければ、市民課で改葬許可証を発行してもらえます。それを移動先のお墓の管理者に渡します。

また、双方の墓地の管理者の合意もあって初めて移動が可能になるので事前に相談をしておくべきですね。さて近頃では、自分の希望を叶えるべく自分の葬儀の生前予約というものをされる人が増えていますが、樹木葬の場合でも可能なのです。遺言に、樹木葬でお願いしますと書いたとしても、実際に埋葬をする遺族に知識がないのでは面倒をかけてしまうことにもなりかねません。

生前に自分で調べるなどして申し込み先の希望が決まったら遺族に話をし、承諾を得ることが、樹木葬しかり、自然葬の場合はとても大切なことだと思われます。