分骨について

分骨について

一人の遺骨を複数に分けて埋葬する分骨。分骨を希望する理由には、遺族の子供達が離れ離れに暮らしているため兄弟で分けてそれぞれのお墓に納骨したい、または手元供養がしたい家族がいる、遺族の墓に移動させたいが故人が住み慣れた土地を離れるのがかわいそうなため、分骨して故郷にも残しておきたい、海や山に散骨するのが故人の希望だったが全ての遺骨を自然葬にしてしまうのは遺族の気持ちが許さないので分けて残したい、などそれぞれの事情があるようです。

葬儀をした時点で話し合いがまとまり、分骨する人数などが決まればそれが一番スムーズです。その際には、あらかじめお世話になっている葬儀社に伝えておく必要があります。骨壷の数なども手配してくれたり、火葬場への連絡や書類の手配を行ってくれます。

分骨には証明書が必要だということをご存知でしょうか。手元に置いておくだけなら特別な証明書は必要ありません。しかし、別々のお墓に埋葬するという場合には「分骨証明書」等の書類が必要なのです。もしもお墓から勝手に遺骨の一部を取り出したとしても、証明書がなければその遺骨は納骨することができないということです。さらに、「すでにお墓に埋葬してある遺骨の一部から分骨する場合」と「火葬場で分骨する場合」とでは手続きも違うのです。

【すでにお墓に埋葬してある遺骨の一部から分骨する場合】

1. 墓地の管理者に「分骨用の証明書」を発行してもらう。
2. 石材店に依頼し墓石を動かして貰って遺骨を取り出し、骨壷の戻し作業をしてもらいます。
3. 分骨先の墓地の管理者に「分骨用の証明書」を提出する。
4. 骨壷などの諸準備をしておき納骨する。

【火葬場で分骨する場合】

1. 火葬場管理者に「分骨用の証明書」を必要枚数を発行してもらう。
2. 火葬場で希望する人の分を各骨壷に分骨してもらう。
3. 納骨する。


または火葬後、四十九日前に分骨することが決まった場合には、三十五日忌か四十九日忌法要に合わせて「分骨証明書」をお坊さんに書いてもらい、分骨時に読経をしてもらうという方法もあります。分骨も、遺族側の都合だけでなく、故人の遺志も尊重して遺族側できちんと話し合うことが大切ですね。