数珠の作法

数珠の作法

皆さんは数珠を持っていますか? 通夜や葬儀に数珠を持って参列することは、もはやマナーとも言えるのではないでしょうか。 コンビニエンスストアで売っているのを見かけた際は少々驚きましたが、まだお持ちでない方はぜひ準備してみては如何でしょうか。 ただし、特別決まった信仰のない方にとっては、もっぱら葬祭用となってしまいますが・・・ 数珠には大きく分けて、本念珠と単念珠があります。 本念珠は宗派によってその形が異なりますが、主珠が108珠ある長いものです。 対して単念珠は、本念珠の108珠に対して、その半分、3分の1、4分の1、6分の1など、それぞれ54珠、36珠、27珠、18珠などでできています。 本念珠は宗派による形の違いがあるために、あまり葬儀では用いられません。 もちろん、喪家と同じ菩提寺をもつ檀家さんは本念珠で正式なご供養をすることがあります。 ですので、もし葬祭用に数珠を用意するのであれば、単念珠を用意するのが良いと思います。 数珠には男性用と女性用があります。 一般的に男性用のほうが一回り大きく出来ています。 男性用の数珠には黒壇などが使われる場合が多く、対して女性用では少し明るめの琥珀などが用いられることが多いようです。 また数珠は、直接ポケットに入れて持ち歩いたり、無造作に出しっぱなしにするのはマナー違反です。 数珠袋、念珠袋といわれるものに納め、持ち歩くのが正式で、一度袋から出した際は、身につけておくようにします。 普段は、左手の手首にかけておくか、若しくは房を下にして左手で握って持ちます。 合掌の際は持ち替えて、親指以外の指を輪に入れ、親指で支え持つようにして手を合わせます。 最近では、数珠のブレスレットをアクセサリーとして使用されている方も見かけますね。 数珠には不思議な魅力があります。 魔除けや願掛けの道具として用いられることもあります。 一度手にしていただくと、なにか落ち着くというかなんというか・・・。 日本人の文化にも根強く息づいているものと言えるでしょう。