棺の種類と近年の傾向

棺の種類と近年の傾向

最近では棺にまでエコ化が進出しているようです。 確かに、重厚な棺を焼くのにはそれなりの二酸化炭素の発生は避けられません。 エコの棺を利用したかとの質問に対し、使ってみたいと答えた方が半数を超えたことは興味深い結果ですね。 時代の背景を考えると当然の流れかもしれません。 どんな品物にも高級品が存在しますが、棺の高級品は少々特殊です。なぜなら、最終的には焼いてしまうからです。 良いものを長く使う...という発想とは異なる高級品といえます。 この焼いてしまう棺でも、高級品ともなりますと500万もするのだそうです。※もちろん上限はないでしょうが。 故人には申し訳ありませんが個人的には馬鹿らしいと感じます。 貧乏人の考えですかね... 反面、最後の部屋なので他は削っても棺だけは良いものにして欲しいとおっしゃるご遺族もいるのだそうです。 その高価な棺というのは、ヒノキなどの天然木製の棺の表面に、立派な総彫刻を施したものでやはり迫力が違いますね。 しかし、一般的には7万から15万程度の棺を使用することが多いようです。 合板に天然目を薄くスライスしたものを貼り付けたり、木目調の紙を貼ったものなどを使用します。 棺の形にもいろいろな種類があり、山型、かまぼこ型、角型、舟形などがあります。 棺の蓋には、顔を見ることができる小窓が用意されていることが多いようです。 なかは、全体的に白を基調にした装飾が施されています。 祖父を棺に納める際に、頭部をしきりに固定しようとしていたので、納棺師の方に聞いてみたところ、 「途中で横を向いちゃうことがあるんですよ」 と言うのです。私はちょっとした冗談かと思っていたのですが、硬直の関係なのか、本当にあるそうなのです。 知らなかったら大騒ぎするところです。 棺は通常、利用する葬儀社で手配することになると思うのですが、ドライアイスなどの実際のメンテナンス費用などもありますし、ただ棺だけで良いというわけではないので注意が必要です。