樹木葬

樹木葬

植物好きな私も最近興味のある葬儀のひとつなのですが“樹木葬”という葬儀方法をご存知でしょうか。

お墓といえば、仏式、神式いとわずカロートの中に遺骨を埋葬し、その上に墓石を建てるというのが一般的ですよね。ところが最近、墓石の変わりに樹木や花を植える樹木葬という埋葬スタイルがメディアでもしばしば取り上げられるようになり耳にしたことのある方も増えているのではないでしょうか。

樹木葬は1999年に岩手県一関市の祥雲寺が里山を買い、地域住民の了承と行政の許可をとって樹木葬墓地として開発したのが第1号だそうです。歴史はやはりまだ浅いものなのですがちゃんと「墓地埋葬法」に基づいてお墓として認められた場所に遺骨を埋葬する方法ですので、イメージ的には海や山にお骨の灰を撒く自然葬と同じように思えますが、通常の墓地と同様、決められた区画に対して使用料と管理費を支払っていくシステムなのだそうです。

使用料の相場は、1人30万円から50万円くらい。管理費は年間で8000円から1万5000円くらい(一括納付もあり)。樹木の購入費は別途必要となるそうです。墓地を購入して墓石を建てるとなると一般的な相場は200万300万円くらいとされていますから、費用だけみると割安な埋葬方法なのかもしれませんね。

通常のお墓を建てると承継者の有無が心配になるものです。もしも自分の亡き後、子孫もお墓参りをしてくれる人もいないとなれば、納骨堂を選択せざるを得ないと考えられていたものですが、樹木葬はこの点においてクリアしていることも手伝い、世の注目を集めたのかもしれません。樹木葬は承継者不要で購入できるのです。

少子化が進む時代であり、結婚しても子供を持たない夫婦のライフスタイル、独身貴族を貫く人の急速な増加傾向にある時代背景ならではの埋葬スタイルなのかもしれません。跡継ぎがいなくても購入OKとなると、こういった承継者不在の層に加え、子供たちに迷惑をかけたくない、子供たちをあてにできない、といった人達からも関心が集まるようになったそうです。さらに「家」意識が薄れ、「○○家の墓」に入るのは抵抗があるといった層が増加したことも樹木葬人気に拍車を掛けています。年月を重ねるにつれ樹木の根に抱かれ土に還り栄養分となって木に吸収される、植物が好きな自然葬派にとってはロマンを感じる埋葬法かもしれません。